BLOG

30代後半の女性から、アメーバ上のメッセージ機能にて、感想と感謝のメールをいただきました。

こんにちは 先日は長時間鑑定をしていただいて ありがとうございました。

あれから いろいろ思い起こしました。

三十郎については
幕府のためとか 江戸の農民集団の新撰組のためにがんばったんじゃない、
ただ弟たちのためにがんばったのだ。
だれも本当の自分の気持ちを分かってくれない。
という気持ちを想像してしまったんです。

私が生まれたのが 高梁市で三十郎のいた旧松山藩の地だったので そんな気持ちになって
自分の嫌なところを
三十郎はみんなに嫌われていたからな~とか
新撰組にもなじめなかったんだもんな~とか
全部三十郎だったからなんだよな~と思い込んでしまってました。
でも 三十郎ではなかったとはっきりして すっきりしました。
似た部分があるから 感情移入してしまったんですね。

それから 姫に関しては 本当に面白いなと思いました。
先日鑑定していただいた母は 常識とか世間体とか、~~するのが当たり前とか、~~しなくちゃいけないとよく言う母で そう言うことにすべて反抗してきたのが私だったからです。

母が私のために金銭的に無理して作ってくれた着物の数々もなぜか嫌で嫌で、成人式でみんなが華やかな振り袖の中 私はスーツだったほどです。

伝統や文化なんて嫌いだったし、振り袖を着る習慣に乗っかるのもいやだったのです。

きっとそんなわがまま姫だったのに 思うようにできなかったのでしょうね~。
そう思うと 今生では 私はかなり 自分の思い通りにやってきていると 気付きました。

(中略)

本当は私は はちゃめちゃなんだけど 自分をおとしめたくなくて いい人のふりをしていたのかもしれないです。

でも そんなはちゃめちゃな自分も 受け入れてあげようと思います。

そして わがままで自由にやっていたい私が常識や世間体にとらわれやすい母の元に生まれてきたという組み合わせも お互いにとって意味があったのだな~と納得しました。

こんな風に 長年抱えていたインナーチャイルドが癒されることになるとは思っていなくて
本当に 聡和先生に感謝しています。

今まで私にはいろいろやりたいことがあって
どれも長続きしなくて(何をやっても 悪いことをしているような気になってくるんです)
どれも自分のものになってなくて だめな私だな~と思っていましたが、
今からはそうではなくて 楽しいと思うこと 思いついたことはとりあえずやってみようと 思います。

最初の鑑定で「進む方向が間違っている」と言われたのは そう言うことだったのだな~とやっと身に染みてわかりました。

余談ですが 先生は霊感でいろんなことが ぱっぱとおわかりになって 話がはやいんだな~と改めて思いました。
それに比べて 私はなかなか理解がついて行かないなと・・・・やはり 言葉だけで分かろうとするぶん 時間がかかりますね。

(中略)
今回も 本当にありがとうございました。

また9月のアメージュワーク 聡和さんと紗依さんにお会いできるのを 楽しみに待っています(^^)/    ○○

こちらこそ、ありがとうございます。

前世の姫の姿は、和服のようなものを着ていて、不服そうな表情で、座らされている少女でした。

私は想像力がないので、つい「あんみつ姫」や「一休さん」に出てくる幼い姫などのように想像してしまったのですが、実際に見えたのは、そんな生易しいものではなく、アニメのような元気ではつらつとした感じはありませんでした。恐らく、我がままを言うと容赦なく引っ叩かれたのではないかと思われます。

それと、他のお客様では割りとヨーロッパでの前世を見るのですが、今回は珍しく日本の姿だったので、それはそれで不思議でした。

ワークでは、輪廻転生の仕組みを詳細にお話させていただく予定ですので、真実に触れて魂が疼くのを感じられるかも知れません。

どうぞよろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
コメントは利用できません。