BLOG

 きらら☆さんから、感謝のメールを再びいただきました。

Re:Re:Re:Re:コミュニケーションで誤解・・・のブログを拝見して。

山中さま。

またまた夜分にすみません。ブログ拝見しました。
ありがとうございます(#^.^#)

スピリチュアルについてのブログも拝見しました。
もしかして私がスピリチュアルが信じられない、とメールしたので書いてくれたのかな~と自意識過剰ですが思ってしまいました。

仕事中にトイレでブログを読んだのですが、山中さんの言葉を見て涙が出そうになりました。
「自分のことは自分がよくわかってる」と思い込んでいたのに、本物の私がどんな人間なのか私は全くわかりません。
誰かの言動を見て、いいなぁこんな人になりたいな、と思えば真似をしてみたり…
自分の言動一つ一つを、合ってる、間違ってる、とすぐ考えてしまってます。
Dタイプの、人によく思われようと気にした言動をする、のもまさに私です。

自分以外のところに自分を探しに行ってはならない。あなたを変えられる人はあなた自身しかいない。
チャレンジしなさい。違う自分になろうとしてはいけない。
目を背けずに受け入れること。
↑省略しちゃいましたが、たくさんの言葉に脳みそがしびれました。

一つのブログでたくさんの学びがある大変有難いブログだと思いました。ありがとうございます!

Dタイプ~のブログについても、私は無意識に「頼られたい」と思っている気がします。
頼られる=自分の居場所になると思っています。
だからそれが実現してるんですね!アホですね~…
自分の主張をしっかり聞いてもらえる人間になる。
と気持ちを切り替えてみます!
今後、状況が変わったらご報告させて頂きます。

毎度長々すみません。
感謝の気持ちが少しでも伝われば幸いです。

今後もブログ楽しみにしています(#^.^#)

お褒めをいただき、ありがとうございます。

きらら☆さんと同じように、世の中のほとんどの人が「自分のことはわかっているつもり」です。でもよく思われようとしているということは、自分のことがわかっていないからだということにも気づいていません。

気づいた者が幸せになれるのです

少しずつでいいのです。少しずつわかっていくと、気づかず過ごしている人と比べて、数ヶ月や数年で大きな差をつけることができます。気づいていない人は、その大きな差が些細なものに見え、いつまでも受け入れられません。「ちょっとのちがいであいつはいい思いをしている」と思いたいからです。

この目に見えない、些細なちがいに見える大きな差は、精神年齢とか、先日記事に書いた自我年齢に相当します。自分のことを理解したものが勝者になるという、本当に不思議な事実があるのです。ヨガや禅などはこの点を追求したものです。

自分の思いちがいに気づくと「そういうことか!」とか「なるほど!」みたいな、なんかスッキリしませんか。

多分、そのスッキリ感は、「本当の自分」が喜んでいるからです。

「嘘の自分」が降参したのです。

「嘘の自分」は別の方法であなたをだまそうとしますが、とりあえずひとつのことは「バレちゃった」。だから、ひとつ手を引きました。

それが「一皮むけた自分になる」という現象ですね。

こういった真実を知るとき、人はとっさに不安感や拒絶感を覚えることが多く、聞く耳をもたないことがあります。それは「嘘の自分」が感じている感情ですので、「嘘の自分」に乗っ取られないように、スッキリするまで考えたり、ヒントを探すことはいいことですね。不安なまま、拒絶したままだと成長しませんね。

どんどん成長しちゃいましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
コメントは利用できません。