BLOG

30代後半の男性から、感想メールをいただきました。

本日、カウンセリングいただきました○○と申します。
本日は、とても貴重なお話しをありがとうございました。
気持ちが少し楽になりました。
本当にありがとうございました。

このままでは自分が成長できないという危機感と、何もやる気が出ないという悩みをお持ちの方でした。

一度の鑑定で人生観が大きく変わるには難しいケースでしたが、この方には何か自分が無理をしなければ、自分は幸せになれないという思い込みがあり、私はわざと、なぜそう思い込むのか質問させていただいたところ、当然のことを聞かれたと思われたごようすで困惑されました。

人は、正しいと思うことを、正しいと思い込んでいます。

しかし、思い込んでいるだけで、根拠がないことに気づかないものです。

根拠がないものを正しいと信じ、そのとおりにしなければ、自分は幸せになれないと思い込んでいます。

人は絶対に完璧な人間にはなれません。

劣等感をもつことは悪いことではないのですが、その分、何か目標を立てるのであればいいとしても、人と自分を比べるばかりで、自分の悪いところばかり見つけてしまう癖がついてしまうと、どんどん自分が嫌いになり、やる気がなくなって当然なんですね。

正しいと思い込んでいるものを、他の人がもっていると思い込み、他の人のいいところと自分の悪いところを比べたところで、何の意味もないのです。いいところと悪いところを比べているんですもの。いいものと悪いものを比べることは、悪いものを悪いと再確認しているだけで、比べることによって得られるものは何ひとつないのです。白と黒を何度比べても、黒は黒いのです。得と損を比べても、損は損です。わかり切っていることを比べることは無意味です。

そうではなくて、人のいいところと自分のいいところを比べ、自分もまんざらじゃないなと思うことのほうが、ずっと有益です。これも実は比べることに意味はありませんが、誰かのいいところに負けない自分のいいところ探しをするために比べるのなら、悪くないと思います。あの人は仕事が早いが、自分は丁寧に仕事ができるとか、この人は博識だが、自分は智恵があるとか、比べられないけれど対等だと思える。人それぞれにちがう長所があるからこそ、人は助け合うことができ、愛が生まれる。それが地上であり、生きる意味です。

生きるということは、生かされるということです。自分の特性が生かされると、多くの方がやる気を出す姿を私は見てきました。

どうか、一日も早く悪循環から抜け出してください。抜け出しても、状況はすぐに好転しませんが、そこでくじけないでください。結果は遅れて出るものです。すぐに出る結果を望んでもつらいだけです。

好転とは、自分らしい人生になることです。長所も自分らしさ、好転して幸せな人生も自分らしさです。

自分を見失っている方は、自分の特性を再確認、再発見してください。

それが幸せになる唯一の秘訣です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
コメントは利用できません。