BLOG

アメージュ・ワークは大阪では2回行われましたが、2回とも参加者同士による前世体験が確認されました。

1回目は大阪の主婦クリアさんと北海道の独身女性さんとの間で思い出された前世の記憶でした。二人は前世で白人の親子だったと思い出しただけで込み上げる感情で訳もわからず号泣し出し、後からさまざまなことを思い出しました。
前世で母親だった大阪のクリアさんは娘を連れて投身自殺で心中を図ったところ、母親だけ亡くなり、娘だった北海道のさんは命が助かって孤児院で育ち、生涯職員として孤児院の仕事に携わりました。
そのさんが言うには、子供の頃何度も見た夢が「お母さんが天に上がってしまった」と悲しみながら天を見上げているものだったそうです。
この体験の一部始終は、さんのブログ「Hana le’a」に4部構成で公開されています。すべて2011年3月8日付けの記事です。

2回目は滋賀県の主婦ちー坊さんと1回目の当事者であった北海道のさんとの間で前世が思い出されました。思い出された前世の舞台は1回目のお二人の光景とはちがい、日本での前世でした。今回はさんは大阪のワークに参加されませんでしたので、ちー坊さんと巻山紗依とのやり取りで判明いたしました。その理由として、さんが前世で自殺した原因が、前世の巻山紗依にあったからです。
そして驚くことに、ちー坊さんがさんの胎児だった記憶を思い出したのです。その前世では生まれることなく、母親の自殺によって命を絶たれました。
この前世の記憶の当事者は3名です。この前世については大阪ワークが開催される前から巻山紗依さんの二人の間ですでにブログで公開されておりました。初めて前世体験をしたちー坊さんはまさかと思いながら、まちがっていたら恥ずかしいけれど勇気を出して見えた光景と感じたことを打ち明けると、巻山紗依に当たっていると指摘され、そのときの胎児があなただと気づかされて、想像以上に込み上げる感情に混乱しながら号泣されたのでした。この一部始終は3名のブログに公開されています。巻山紗依のブログ「笑える~こわい話」、さんのブログ「Hana le’a」、ちー坊さんのブログ「ちー坊のつぶやき」です。時系列で以下に列挙いたします。

私は仕事柄、水子のメッセージを伝えることもありますので、水子の側の前世の記憶を持った人の話を聞けるのはたいへん興味深いものでした。私が霊感で感じ取っていたことと一致しているかどうかも確認したいところでした。

(続く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
コメントは利用できません。