BLOG

東京のある女性に、興味深いお告げがおりてきました。

その女性、佳山真子さんは華やかな仕事をなさっている方ですが、東京で私の霊視鑑定を受け、女性として輝くためのお告げがおりてきたのです。

これは、他の女性の方も参考になる内容であると思えましたので、佳山真子さんから許可をいただき、お告げの内容をブログに載せることにしました。

今回の霊視鑑定は特別に、佳山真子さんと吉祥天(ラクシュミー)の対話形式となっております。

敬称を省略して以下に綴ります。


佳山真子:次のチャンスのサインに気づくためと必要な努力は何ですか?

吉祥天:チャンスは能力であり、器に合わせて回数が決まる。何回でもつかむまでチャンスを作り続ける気持ちであれば逃さない。すでにチャンスをつかめる人間であると自覚することだ。

佳山真子:日々、何をしたらいいでしょうか?

吉祥天:我が身を愛すること。魅力を示し、名を成す土台を作れ。あなたはたとえ男に金を出させようとも、あなたというブランドだからであれば、あなたのブランドは投資価値があるということになる。あなたは不動のブランドを作り、投資させればよい。ブランド作り、自分磨き、そして何より苦難に負けない自分になることが、大物の必須条件である。

佳山真子:力になってくれますか?

吉祥天:私は美と富に興味がある女を応援する。前世であなたが男だったときには興味がない。(注・佳山真子さんは前世で男性で資産家だったことがある)

佳山真子:経営は「美」にかかわるということですか?

吉祥天:そうではない。あなたが輝くなら協力するということだ。あなたが人を美しくしようとするなら、私は協力しない。

佳山真子:輝くために身につけるべきもの、食べたほうがいいものは何ですか?

吉祥天:肉は食べず、過剰な油を取らないことだ。よい油、植物、お茶、睡眠、お香をまとい、心は高みを目指すことだ。高い位置にいてはいけない。高いところを目指すことが重要だ。

佳山真子:輝くためにしておいたほうがいいことはありますか?

吉祥天:自分を褒めること。自分の一番のファンは自分であること。人の評価は参考程度にして、自分が輝いていると腹で思えれば、自然と輝く。

佳山真子:行ったほうがいい場所(パワースポット)はありますか?

吉祥天:ない。神社もない。自分が自分という神が宿る社になりなさい。

佳山真子:会っておいたほうがいい人は?

吉祥天:心から信用できる人は、さまざまな言葉をもらっておくとよいだろう。依存はいけないが、ときどき神仏の言葉が入る。

佳山真子:インテリアは何がいいですか?

吉祥天:ひとつでよい。私(ラクシュミーの絵か像)を飾りなさい。(祭るのではなく飾るだけ)


以上です。

美容法や健康法なども含まれていることと、何より「美と富に興味がある女を応援する」「自分が輝くなら協力するが、人を輝かせようとするなら協力しない」というところが衝撃的でした。

どうやら、人々の希望となることが「美」であり「富」であることの大切さであるようです。「自分のために努力する人を見て尊敬し、自分も自分のために努力しよう」という考え方が広まることに意義があり、美しくなっていない人が「美」を広めても、「美」の努力をする人は増えないということです。

「自分は犠牲になってでも人のためになろうとする」ことは、「本当の意味での善ではない」ということなのでしょう。

安易に善に走ろうとする方々に、この深い意味を理解していただきたいと切に願います。

よいお告げでしたね。みなさんも参考にしてみてください。すると、吉祥天(ラクシュミー)からのご加護があることでしょう。

佳山真子さんの今後が楽しみですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
コメントは利用できません。