BLOG

自殺についてのご質問をいただきました。

スピリチュアルや宗教的な考え方というものは、同じ業界であっても、さまざまな見解をもった人がいます。

ある方が悪くいったからといって、同じ業界の人に「どういうことか」と食ってかかる人は珍しくなく、私自身そういう方と遭遇し、少々困惑することがあります。

自殺については特にデリケートな問題であり、他の方の見解を聞いて真剣に悩まれている人をよく見かけますので、私なりの見解を述べておきたいと思います。

以下の引用文がいただいたご質問です。内容が内容だけに、匿名とさせていただきました。

何度もスミマセン。

メールありがとうございます!m(__)m

エラーが出てしまうみたいなので、こちらのメールに
返信よろしくお願い致します!m(__)m

私の友達は彼氏に頼んで殺されました。

彼女は自殺になるのですか?

死後の世界から考えても自殺になってしまうのですか?

真っ暗闇の中に入って寿命まで苦しみ続けるのですか?輪廻転生出来なくなるのですか?

天国に行けず、地獄以上の真っ暗闇の世界で寿命まで苦しみ続けるのですか?

お手数ですが、こちらのアメーバブログのメールに回答を送って頂けないでしょうか?

よろしくお願い致します!m(__)m

殺人事件が起きたということでしょうか。それとも自殺幇助になるのでしょうか。

法的な経過は存じ上げませんが、純粋に自殺についてだけお答えさせていただきます。

私の見解では、自殺によって「真っ暗闇の中に入って寿命まで苦しみ続ける」ということはありません。

まして「輪廻転生出来なくなる」ということもありません。

「天国に行けず、地獄以上の真っ暗闇の世界で寿命まで苦しみ続ける」ということはまったくもってあり得ないと考えます。

その理由として、前世療法で「自殺した過去生を思い出した方」からそのような体験や記憶を聞いたことがないからです。

むしろ「何を理由にして自殺したか」が重要であるようです。

たとえば、「自分は生きる価値がない」と思いこんで自殺してしまった場合、生まれ変わってから「自分の価値を見出せない人生」となって再出発いたします。

死んだことによって苦しみから解放されることはなく、生まれ変わっても苦しみの続きから再出発する訳です。

しかし、スピリチュアルや宗教的な考え方でよく耳にする「前世で自殺したから、報いとして身体障害者となって生まれる」ということはないようです。

では、どうしたら苦しみから解放されるかといいますと、つらいですが耐えて乗り越えるということが重要になってきます。

すると解放されて、生きているうちに幸福を得るか、生まれ変わってご褒美のように初めから幸せな人生が待っています。

例外も申し上げておきます。

もし自殺なさった方が精神疾患を患っていた場合、家族や近しい人の学びとして本人の自殺の運命があり、その自殺こそが寿命そのものであることがあります。

その場合、自殺によって来世で継続される苦しみはないようです。

ご理解いただけましたでしょうか。

スピリチュアルや宗教的な考え方でもっともらしいものが世間で広がり、根拠もなく信じられていたりしますが、あの世や運命というものは人智を超えたもののようですので、慎重に考えを深めることが大切だと思います。

最後にお友達のご冥福をお祈りいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
コメントは利用できません。