BLOG

チャネリングコースを受けた野間敏子さんから、私、山中聡和のチャネリングで予言されたことについて、その後のご報告がございました。

東京の(戸越銀座の焼き鳥屋)野間です。ご無沙汰してます。

2年前51歳の時鑑定していただいた内容が現実になりました。それは、「51歳、52歳は今と変わらず、53歳でいいことがある。その時お店を辞めるのかな」という内容でした。

この歳で転職なんて出来ない。まして子どもにお金がかかるのにパートでは生活できないし・・・いったい何が起こるんだろう?と思っていました。

すると、昨年10月(53歳6か月)お店辞めたいなという気持ちがどんどん膨らんで、店の造作を売却すればいいんだ、お金も入るし、賃貸契約を解約すれば保証金も返金されるし。と気が付きました。

そこからとんとん拍子に事が進み、あっという間に売却でき、しかも個人売買だったので手数料もかからずに。就職も希望通りの職に正社員として採用されました。営業職なので頑張れば収入面でもなんとかなりそうです。

こういうのを奇跡っていうのでしょうね。本当に驚きました。
鑑定の時のお告げで、「店を辞めない理由はない」と、「信じよ奇跡を」と言ってくださった神様がいらっしゃいました。

思い立ってから4か月で劇的な変化です。感謝、感謝です。
聡和さんに報告したくてこの場をお借りしました。紗依さんにもよろしくお伝えください。

まだまだ寒いです。どうぞご自愛ください。

ありがとうございます。

こういったご報告をいただけると、たいへんうれしいです。

敏子さんは、私、山中聡和の予言(チャネリング)が当たったとおっしゃってくれていますが、それは敏子さん自身の行動があってこそです。

私はかつて、霊感占い師をしておりましたが、私の予言が当たる人と当たらない人のちがいがございました。それがまさにこの「本人の行動があったかどうか」です。

しかし、そのことをmixiのあるコミュニティで書きこみますと「当たらない霊感占い師の言い訳だ」といわれてしまい、私の真意が伝わらないことがありました。

この記事を読んで「本人の行動があれば、予言のとおりに行動しているのだから、そりゃ当たるだろう」と誤解している方もいることでしょう。

その解釈は甘いといわざるを得ません。なぜなら、敏子さんが書かれているとおり「店をやめる名案は何年も気づいていなかったし、そのヒントも山中聡和から聞かされていなかった。名案が思いつくと、転職が難しい境遇で、予言された時期に幸運があり実現した」ということですので、予言を信じて本人が行動したところで、必ずそのとおりにできるものではないということです。

これは例えば、結婚相手の出会いについて私がいつもする説明がわかりやすいでしょう。
予言で「明日、結婚相手と出会う」といわれた人が、翌日に結婚相手となる人と知り合おうと決意しても、翌日の24時間以内に結婚相手として「条件のよさ」や「恋愛対象」にできる望ましい相手と出会おうとして出会えるものではないということです。この場合、妥協すれば誰でも結婚相手と選べるとしても現実問題としては難しい上に、私の予言では「理想の相手と出会う」としますので、ますます難しいということです。

この難しさがまだ理解しにくい人には次のような例え話もいいでしょうか。
望んだ仕事(いわれた人にとっては例えばペンションの管理人)を明日午後3時に見つけようとしたところで、さまざまなペンションに問い合わせをしても、望んだとおりの管理人の仕事で求人を出していたり、ぜひ頼みたいというペンションが午後3時に見つかることは、如何に難しいかご想像できるのではないでしょうか。

敏子さんの場合は、まさに「店をやめるつもりもないし、その方法は指摘されていなかったが、確かにスムーズにやめられる方法があった」ということと、もうひとつ肝心なところである「子育てをしている女性が53歳という年齢で、正社員としての転職を実現した」という、この不景気で就職難のご時世で同じような境遇の方の誰もが驚く展開を、私の予言どおりに実現できたことが、まさに奇跡なんですね。

このように、「本人の行動」と「奇跡」が「偶然の連動」(シンクロニシティー)で「予言どおりに実現すること」こそが、「予言が当たる場合のケース」です。
当たるといわれる私の予言で、「3年以内に結婚する」といわれている人でも、「本人の行動」がなければ「望んだ結婚」は実現しません。
これは、「山中聡和が外れた」のではなく、「本人の行動」がない人は「必ず外れる」ということです。

この意味で「本人の行動」が何かしらあることが重要であり、ただ闇雲に「努力すれば実現する」ということではありません。努力して奇跡が起きるのなら、世の中に苦労する人がいなくなります。
これはさらに驚くべき真実をも説明します。それは「いい方法があれば、必ずうまくいく」ということはないということです。
同じ方法で誰でも1ヶ月以内に結婚相手と出会うことは難しいですよね。つまり「必ずうまくいく方法」というものがあると信じてしまいがちの人は、「努力すれば実現するはずだから、いい方法を見つければいい」と思いこみ、「本人の(意思の)行動」よりも「いい方法を知っている人を探し質問する」ことに執着してしまうという、そもそも「奇跡」を信じていない誤った行動に出てしまうのです。
これこそが「奇跡が起きない」ことの本当の原因です。

それは昨日の記事でも書いた「ラッキーは努力した人にだけ起こるのではない」という私の見解と矛盾せず一致することであり、むしろ逆にいえば「闇雲な努力をする人には奇跡が絶対に起きない」ということです。

これはすべての人に一致することであり、「本人の行動」がなければ予言は当たりませんし、「闇雲に努力」しても奇跡は起きませんので、やはりその場合も予言が当たらないということです。

これらの問題点をすべてクリアし、敏子さんは奇跡を実現してみせたということです。それは本当に素晴らしいことですし、敏子さんの勇気ある行動こそが奇跡を呼んだということです。

敏子さんは実は気づいていらっしゃらないと思いますが、その転職を成功させた一連のひらめきや、人から聞いた方法を素直にいいものだと信じた判断は、すべて「チャネリング(インスピレーション)」です。
「チャネリングコースを受けていたからこそできたものなのか」それとも「運命だったのか」は、ここでは判断できないにしても、このよい結果への導きに素直になれたのは、敏子さんの判断が正しかったからです。

敏子さん、おめでとうございます。

アメージュはこのように、人生の転換期において、後悔しない方向へ進む指針を、無意識に気づいてもらうワークショップをおこなっているといえます。

他の受講者もたくさんの奇跡のご報告をくださっておりますが、プライバシーもあるため、すべてを公開できないのが残念ですが、このような公開の承諾をくださった方々のケースをぜひ参考にしていただいて、みなさんもアメージュとはどんな店なのか知っていただけたらと思います。

敏子さん、本名でのご報告、ありがとうございました。実りある未来に進むことでしょう。

また何かありましたらご連絡くださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
コメントは利用できません。