プロフィール

沿革

年表

2008(平成20)年
2月27日 公式ブログ「霊視の日々」をYahoo! ブログに新設
4月1日 公式サイト「ザ・ディーアティ・インフォメーション」を新設して北海道釧路で創業
公式ブログ「霊視の日々」をさくらのブログに併設
11月1日 札幌に移転
2009(平成21)年
3月7日 大丸札幌店「大誕生祭」において「スピリチュアル・アドバイス」の企画に参加
10月1日 公式ブログ「霊視の日々」をアメーバ・ブログに正式に移設
2010(平成22)年
2月1日 巻山紗依公式ブログ「笑える~こわい話」をアメーバ・ブログに新設
2月25日 女性誌「トリニティ Vol.34」の記事「いばらの道は恋愛成就のための道」で、山中聡和がグッドアドバイザーのひとりとして参加
3月16日 「アメージュ」に改称し、「アメージュ公式サイト」を新設
4月2日 アメージュ・サロンをオープン
5月 ストレスを緩和して、勘が働きやすくなる食材「セラピー・フード」を発見
10月1日 山中聡和公式ブログ「願いを叶えるひみつ」を新設
10月28日 お告げによって完成した浄化浄霊方法「アメージュ・ヒーリング」について、スピリチュアルサイト「マイスピ」(現 グリッティ)から取材を受ける
11月11日 山中聡和自身の神託カウンセリングについても、スピリチュアルサイト「マイスピ」(現 グリッティ)から取材を受ける
12月22日 「アメージュ忘年会」を初めて札幌で開催
2011(平成23)年
1月22日 「アメージュ・ワーク」を初めて札幌で開催、その後全国で開催
「アメージュ新年会」を初めて札幌で開催
2月11日 「アメージュ懇親会」を初めて釧路で開催
2月23日 初めての「アメージュ全国ツアー」出発(3月17日帰札)
2月27日 「アメージュ・トーク・ショー」を初めて広島で開催
2月28日 「アメージュ・パワー・スポット・ツアー」を初めて島根で開催、その後全国で開催
3月11日 東日本大震災を東京上野で被災
4月2日 「手作り巾着」「手作りエコバッグ」「オリジナルブレスレット」プレゼント企画実施
6月12日 ブレンド健康茶「天祈珠茶(あめいじゅちゃ)」を発売
6月20日 「アメージュ公式サイト」をリニューアル
11月26日 「アメージュ・パーティー」(セラピー・フード・ビュッフェ)を初めて札幌で開催
2012(平成24)年
1月28日 「ベーシック・コース」を初めて札幌で開催、その後全国で開催
2月18日 「セラピー・コース」を初めて札幌で開催、その後全国で開催
3月17日 「あめいじゅ・ごはん」を初めて札幌で開催
4月2日 「セラピー・フード・テキスト」を発売
6月4日 「チャネリング・コース」を初めて札幌で開催、その後全国で開催
7月1日 フェイスブックページ「アメージュ」を新設
11月24日 「アメージュ・パーティー2012」(セラピー・フード・ビュッフェ)を札幌で開催
2013(平成25)年
4月7日 「おすすめ神社リスト」をプレゼント企画実施
7月 塗香「天照香」を発売
11月11日 「アメージュ全国ツアー2013」出発
12月 「巳年縁起財布」を発売
2014(平成26)年
1月1日 山中聡和公式ブログ「願いを叶えるひみつ」を「アメージュ公式サイト」に統合
5月7日 有料メルマガ「週刊笑える~こわい話」を創刊
2015(平成27)年
5月31日 有料メルマガ「週刊笑える~こわい話」のメルマガ配信を有料ブログ「笑える~こわい話」に移行
2016(平成28)年
4月2日 お守り念珠「天祈珠(あめいじゅ)」発売

スタッフ

山中聡和 やまなかそうわ


_sg_0748_300x450

乳児の頃、掛け布団で窒息して泡を吹き、意識がないまま病院に担ぎ込まれて、死の淵をさまよう。物心つく前で記憶はないが10年近く意味不明な落ちていく恐怖感にさいなまれた。8歳(小学2年)の冬、車に撥ねられる。翌年、交通事故の後遺症か、おたふく風邪の後遺症か、原因がわからないまま8歳(小学3年)で右耳の聴力を失う。
2006(平成18)年8月、岐阜県中津川市にある出雲福徳神社と西宮神社で初めて神託を受ける。翌年11月、三重県鈴鹿市平田町駅前でライトバンにノーブレーキで撥ねられる交通事故に遭う。その5ヶ月後には予知能力に目覚める。
人生相談を受ける傍ら、心理学(分析心理学・個人心理学・人間性心理学・トランスパーソナル心理学・社会心理学)・仏教哲学を基に、コミュニケーション解析を確立し「器量・品格・察する技術」を体系化した。


巻山紗依 まきやまさより


物心がつく前から今まで多くの神秘体験をもつ。山中聡和と出会い、その数奇な人生をブログで公開する決断をする。
生来の「空気を読む気質」を山中聡和に見出され、山中聡和のコミュニケーション解析に貢献する。
分析心理学の「自己と自我の統合」「心理学的類型」を体得し、自身の神秘体験の意味を自ら説き明かしていく。